FORTY NINER HAWAIIとは?

FORTY NINER HAWAII 店名の由来
1849年 "カルフォニア・ゴールドラッシュ”

1849年、大ニュースにもなった "カルフォニア・ゴールドラッシュ" をご存じですか?
カルフォニア州がまだ小さな町だった時、ある人物が金を発見し、そのニュースはアメリカだけでなく世界中にも広がりました。その後、世界中の人々がカルフォニアに注目し集まったのです。
このゴールドラッシュのように FORTY NINER HAWAII にもたくさんのお客様にお越しいただけたらいいな!という思いから1849年の ”49" にちなんで FORTY NINER HAWAII という店名になったのです!

その後、FORTY NINER HAWAII はハワイ・オアフ島で一番歴史あるダイナーに!
ハワイ版食べログ「yelp」では最高評価4.2ポイントを獲得したこともあるほど、たくさんの方にお越しいただけるダイナーになることができました。

【FORTY NIERパンケーキは元祖ハワイのパンケーキ】
ハワイ・オアフ島で一番古いダイナー FORTY NINER HAWAII はハワイアンパンケーキの発祥ともいえるほど長い歴史を持っています!
ハワイアンパンケーキとは 日本のホットケーキと違い ”バターミルク” を使っているのが特徴です。この "バターミルク” を使うことで薄手でもしっとりフワフワ、一口食べるとジューシーでフワッと!
創業以来ずっと受け継がれてきた、秘伝の温かい真っ白なハウピアソースがハワイアンパンケーキにたっぷりかかって、ココナッツの甘い香りとバターミルクのほのかな酸味が自慢のパンケーキです!

【多くの方から信頼を寄せて頂いてるロコダイナー】
FORTY NINER HAWAII は日本のメディアにも登場し、テレビ番組のレストラン評価では最高評価の三ツ星を獲得したことも!テレビや雑誌のハワイ特集ではたびたび取り上げられ、ハワイのローカルの方だけでなく、観光客からもご支持いただいてるダイナーです。
また、FORTY NINER HAWAII は米軍基地からオファーを頂きお弁当販売も!オーナーシェフの ウィル が自ら、専用のフードベンダーで米軍基地までお届けに!
長年の歴史を持つ、FORTY NINER HAWAII は多くの方からの信頼を寄せていただいております。

【カジュアルなローカル店】
ハワイのパールーハーバーの東側に位置するアイエア地区にある FORTY NINER HAWAII は、パンケーキだけでなく、ロコモコや、アヒポキ、ガーリックシュリンプなどハワイのローカルメニューがフードからデザートまで数多くあり、子供から大人まで気軽に行けるローカル店です。昔ながらのアットホームな空間とハワイのローカルフードがカジュアルに味わえることからハワイのローカルの方から旅行客まで多くの方から親しんでいただいております。

FORTY NINER HAWAII をこよなく愛する
オーナーシェフ ”ウィル”は
5つ星ホテルにも勤めていた一流料理人

オーナーシェフ、ウィルは赤ん坊の頃から両親に FORTY NINER HAWAII に連れられ、気づけば FORTY NINER HAWAII が大好きなファンの一人でした!そんなウィルは、世界のベスト・ホテル100に選ばれる「ハレクラニ」などの5つ星ホテルに勤める一流料理人に。

そんな中、2007年に96 歳になる先代日系オーナー茶上さんから FORTY NINER を引き継ぐことに。茶上さんから日本人魂を引き継いだウィルは、ハワイ風日本料理を学ぶうちに、日本が大好きに!
お店の雰囲気もメニューも変えず、創業以来大切にしてきたレシピを守り抜いています。
また、もともと旅行好きなウィルは奥さんと世界中を回りながら料理を研究してる探求心の強い料理人。地元ハワイ産の食材を使い、太平洋周辺のテイストを取り入れた ”パシフィックリム料理” の考え方があり、「ハワイの素材」と「日本のテイスト」を取り入れたフュージョン料理を次々と生み出しています。

PAGE TOP